外側のマッサージは少し窮屈な格好になるので
出来る範囲で無理は禁物です。
特に男性は体が硬いので無理せずに行うようにしてください。

基本のさすり刺激を行います。

膝を立てて、身体と足を密着させるようにして安定させます。
両手で足を掴むように、かかと付近から上の方にさすります。
何度か繰り返して、力を入れる指を変えることで部分的に
刺激できますので、親指に力をいれたり、そのほかの指に
力を入れたりしてまんべんなくマッサージします。
手の位置や片手でもかまいません、気持ちが良いさすり方が
見つかったらそれを繰り返してください。

一通りのマッサージがおわったら
いよいよ、外側の刺激に入ります。
体を横にして立てた膝を内側に倒します。
丁度くずしすわりのようなポーズになります。

体勢が苦しいい場合は片手で指圧します。
両手が使える場合は両手で押さえると安定した刺激が与えられますので
やりやすい恰好で行います。
腰をひねって痛まないように無理せず行うことが基本です。
股関節が固くなっていると、この体勢自体がきつくなって
もみほぐしどころではないかもしれません。


くるぶしの下から膝下まで骨のきわを押していきます。
ゆっくり、気持ちが良い程度に押していきます。
複数回繰り返して、出来るようになったら骨のきわから離れた
場所を押していきます。
筋肉の部分になるとコリコリして痛くなりますがやさしく
下から上に刺激していきます。
慣れてきたら少し力を入れて圧力を高め、少し痛いでも気持ちいい
ところまで指圧してみましょう。

体勢に疲れてきたら、反対側の足をやると丁度よいでしょう。
交互にやって疲れないように工夫してください。

最初は器具や道具は使わず、自分の手で行い
自分のふくらはぎの感触を味わいながらおこなうといいでしょう。

イテテ。イテテ。と声を出して行ってください。
自分のふくらはぎがこんなに凝り固まっていたのです。
外側のもみほぐしは、肩こりや腰痛に改善効果があります。
また、目の不調や消化器官に効果が期待されます。

私は両手は無理なので片手で押しています。
しかし、このこりこりはいたいな~(泣)
親指で十分刺激したあとは手根と呼ばれる、手のひらの根の部分で
同じように下から上に押しながらもみだすように刺激して終了します。
仕上げにコップ一杯の水を飲んでください。

 

オプションで深呼吸
仕上げてさすって気持ちよくなったら、床に腰掛けた楽な姿勢で
深呼吸をします。
目を軽く閉じて、鼻からゆっくり息を吸い込んで、口から少しずつ息を吐きだします。
これを3回繰り返して、心と体を鎮めます。


訪問感謝します。