筋肉を付けると基礎代謝が上がる

基礎代謝とは生きている限り最低限必要なエネルギーを消費することと
栄養素から活動エネルギーを作り出すシステムのことです。

何もしないで寝ていても腹が減るのは、この基礎代謝で生きるために使われる
エネルギーを消費しているからです。

寝ていても心臓は動いていますし、内臓は消化や栄養の吸収をしています。
このような動きはわずかですがエネルギーが消費されます。
血液が体中を巡って、酸素と栄養を届け、代りに二酸化炭素と老廃物を
取り込んで戻ってきます。肺では新鮮な酸素と二酸化炭素を交換し
腎臓では老廃物を取り除いています。
これらの生命活動も基礎代謝になります。

つまり、生きている限り、エネルギーが必要で食べ物から摂ったり、蓄えてある脂肪から
エネルギーを作り出します。

エネルギーが作り出されると、体が温まります。代謝が良い状態です。
ですから冷え性の方は代謝が悪いとも言えます。

また、代謝が悪いと脂肪燃焼が不活発になるので痩せにくいからだともいえます。

では、どやったら代謝が上がるかというと、エネルギーをたくさん消費する
筋肉を付けることです。
筋肉の伸びちじみにはエネルギーが必要で、引っ張ったり伸ばしたりの負荷がかかるときは
より大きなエネルギーが消費されます。

筋肉と言えば下半身が筋肉量が多いのでたくさん消費します。
特にふくらはぎは筋肉のかたまりですから、ここを鍛えると一番消費に貢献します。

歩くこと、階段を上り下りする、つま先立ちする、山登りするなど鍛え方は
いろいろあります。

そして凝りをなくして柔軟なふくらはぎにすることが代謝をよくします。
筋肉が固くなったり、こわばったリすると、エネルギー消費と供給が
まんべんなく行われなくなり、血液の流れが悪い状態を引き起こします。

筋肉が付いたふくらはぎを活発にするだけで、代謝が良くなり
エネルギーを消費するので太りにくくなるわけです。

さらに言えば、全身の代謝が良くなるのですっきりした体になるのです。

代謝を良くするために、ふくらはぎのマッサージをして血液の循環を
良くしておく必要があります。


全身の血液の流れが良くなれば、代謝が良くなり、体温が上がり
免疫力も上がり、いいことづくめなのです。

健康になってしかも太りにくい体質になるのですからやらない手はないですね。

ふくらはぎもみほぐし恐るべしです。

訪問感謝します。