血液がどんなことをしているのかを知れば
俄然納得していただけると思います。

血液の通り道は動脈、毛細血管、静脈に分けられます。
心臓から送り出された血液は動脈を通って全身に送られます。
毛細血管に枝分かれした血液は酸素や栄養分をを届けます。
届けた足で、老廃物や二酸化炭素を受け取り、静脈を通って
心臓に戻ります。

良くできたシステムで、トラックで荷物を届けた帰りに
新たな荷物を積んで帰ってくるため、空運行がなく無駄がありません。

血液は、細胞組織に酸素と栄養分を運ぶまでを動脈血となり、
二酸化炭素と老廃物を受け取ると静脈血に変わります。

この荷物の交換が行われるのが毛細血管です。

二酸化炭素と老廃物を持ち帰った血液は、腎臓で老廃物が濾過されます。
腎臓で濾過された老廃物はオシッコとして排出されます。

二酸化炭素は肺に流れて、空気から酸素が取り込まれ、二酸化炭素が
吐き出されます。

酸素と栄養分を持った血液が心臓にもどって、動脈血となって
身体を駆け巡ります。

心臓から遠い足は、血液の流れが滞りやすく
筋肉の収縮をつかって、循環しています。

筋肉が動けばその動作で、血液が動かされる仕組みになっています。
座りっぱなしや立ちっぱなしなど動かないでいると
筋肉の助けがないので、血液の流れが悪くなります。

エコノミー症候群はまさにこのことです。
座りっぱなしで動かないため足に滞りができて、血管を詰まらせてしまう現象です。
飛行機に長時間座りっぱなしや車に寝泊まりしていると成りやすいので
注意が必要です。

こまめに立って歩いたりして、筋肉の収縮や弛緩をして血流を良くする必要があります。

循環しきれなくなってくると、老廃物が溜まってきます。
そして、むくみの原因となります。

筋肉の固まりである、ふくらはぎをもみほぐすことで
筋肉の収縮や弛緩を繰り返し、血流が良くなり、老廃物が
排出されて健康な体になります。

身体に必要のない老廃物や毒素は体内にためないで排出することが
より健康になる秘訣です。

訪問感謝します。