ふくらはぎを30分間もんでみました。

fukurahagimondemita

始めは痛かったので、痛いが気持ち良い程度の力加減で
片足30分ぐらいかけてもみほぐしました。
アキレス腱から腓腹筋まで下から上に丹念にもみほぐしました。

硬かったり、特に痛いところは、さらに念入りに優しくもみほぐします。

触った感じで、硬さがほぐれ柔らかくなってくるのがわかります。

仕上げは、壁を押すような姿勢になり、壁に両手をついて片方の足を後ろに伸ばして
アキレス腱とふくらはぎを無理のない範囲で伸ばします。
片足づつ両足をしっかり伸ばします。
これは非常に効きます。やりすぎたので痛みが次の日まで残ってしまいました(泣き)
初日から頑張りすぎないで、ほどほどにしてやめましょう。
そして水をコップ1杯のみました。

2日目は同じようにもみほぐしますが、さらに丹念に硬いところや痛いところを
重点的にもみほぐします。
骨の際などを揉んでいくと硬いところが見つかります。
押すといたいので、さすったり撫でたりしながら時間をかけてもみほぐします。

触っているうちに、だんだん骨の形も手の感触でわかるようになってきます。
骨と筋肉の違いが判ると何処を揉んでいるのが解るようになってきます。
部位としては、アキレス腱、腓腹筋(内、外)、ヒラメ筋です。
この部位を揉んでいる感じがつかめると成功です。
3日目には足がポカポカしてきます。

3日目も同じようにアキレス腱、内側腓腹筋、外側腓腹筋、ヒラメ筋をもみほぐします。
私の場合は、ヒラメ筋が最後まで痛かったです。それほど硬くなっていたのだと思います。
やりすぎたところは、触ると痛みが出るくらいだったので、強くやりすぎたのかもしれません。

しかしながら、ふくらはぎは、触ると柔らかくなっていて、筋肉がこんなに柔らかなものかと
思うほどぽやぽやしてきました。

仕上げの壁押し伸ばしを頑張りすぎたので、ほどほどで止めました。
ぽかぽか感を感じるまでにはいきませんでした。

体調の変化はというと、朝起きづらくなりました。
ベットから飛び起きるようになれづに、そろりそろりと起きる感じです。
この感じは以前にも経験していますが、血圧を下げるお薬で
普段より15~20ぐらい下がった時のような感じでした。

それで、もしかしたら血圧が下がったのかもしれません。
そう思い当りました。

しっかり血圧を測ってご報告したかったのですが
血圧計は見たくなくなったので、以前にごみに出して捨ててしまいました。
血圧計を見るたびに頭がくらくらしそうになったからです。
いやなイメージがあったので(腕が締め付けられる)捨てました。

血圧計があると病人のようで血圧の数値が気になるので、できればスルーした生活の方が
精神的に良いのかもしれません。

自分は血圧が高い。ということを自覚していればそれでいいのです。
以前、降圧剤を飲んでいたころは、毎日の血圧の変化をノートに記入していました。
確かに薬を飲むと血圧が下がりました。

今思えば原因が何かがわからずに、ただ、血圧が高いからさげましょうということでした。
ジョギングしたりすると、血圧が下がって安定していました。
運動不足も原因の一つのようです。

体調の変化を書いていきますので、よろしくです。


ご訪問感謝します。