体を流れる血液の流れに重要な部分がふくらはぎです。

人が立って歩くため、血液が足元に下がります。
下がった血液を心臓に戻さなくてはなりません。

血液を戻して循環させる役割をしているのが
ふくらはぎになります。

したがってふくらはぎが凝り固まってしまうと
心臓に負担がかかりやすくなります。


散歩するとふくらはぎが伸縮して血流が良くなります。
血液の巡りがよく成るからです。

ふくらはぎが凝りだすと、触れなくなるほど痛くなる方がいます。
そうなってしまったら、足湯が最適です。
お風呂に入って全身をあたためるのも有効です。


運動が出来る場合は、つま先立ち、かかと立ちを繰り返し
ふくらはぎのストレッチをします。

前向きに壁に手を付いて
アキレス腱やふくらはぎを伸ばす動作も効果的です。
効果的に伸ばされるために、やりすぎないようにほどほどで止めておきます。


次にふくらはぎに触れる場合はマッサージをします。
自分でやる場合は床に腰掛けて膝を立てます。
両手で挟み込むようにふくらはぎを押します。
手の手根部分で両側から押す形になります。
これは大変気持ちがいいです。

丹念にふくらはぎの下から上へ押して
また戻って下からから上へ押していきます。

気持ちの良い場所や凝っている場所が分かった場合は
そこのところをさすったり、揉んだりして特に念入りにします。


筋肉疲れの場合いた気持ちいい場所に
腓腹筋があります。
内側と外側にあり、それぞれ外側頭、内側頭とよばれて
ふくらはぎの盛り上がりになっている筋肉です。
腓腹筋の始まりの場所、起始のところを
親指で刺激します。

膝を抱えたまま、親指で押します。
慣れないうちは中腹から押して言って
ひざ裏まで探るように押していくと痛いところがでてきます。
内と外の2本が確認できれば、そこが当たりです。

この腓腹筋をじっくりもみほぐしましょう。

ゴルフボールを挟んでもいいです。
丁度この腓腹筋を刺激します。

いたくなければゴルフボールを挟んで
お座りしてみてください。
効きます。痛いかもしれません。
加減して座ってください。


膝の裏側にはリンパやツボや筋肉組織が密集して
いるので、ここを刺激すればおおかたOKです。

血液の流れが良くなって、足が温まって来る感じがします。

最後に踵付近のアキレス腱を揉みます。
ここも挟むようにして揉むと気持ちいいです。
ちょうどくるぶしの裏あたりを挟んで押します。

ここもツボがありますので筋肉やリンパの流れが良くなります。

ツボ押しマッサージがおわったら
下から血液を救い出すようにさすります。
アキレス腱からひざ裏まで掬い取るようにさすります。
人差し指で血液を書き出す感じです。 
これも気持ちいいです。
何回か繰り返してふくらはぎが柔らかくなったら終了します。

3日間は続けてください、素晴らしいい変化が実感できます。

ご訪問ありがとうございます。