こむらがえりは、ふくらはぎの筋肉が縮んでけいれんする状態のことです。
「こむら」とはふくらはぎのことです。

ひきつると強烈な痛みがはしり、イタタタタとのた打ち回ります。
経験があると思いますが、誰か助けてくれと叫びたくなります。

どのような状態でなりやすいかというと「身体が疲れていて筋肉に乳酸が溜まっている」
「過激な運動をした」「ストレスをため込んでいる」「水分やミネラル、ビタミンが不足している」
などがあげられます。

寝ている間に起きるこむら返りは、ストレスや水分不足が考えられます。

こむら返りを起こしづらい体にするには、筋肉の疲れを取るようにします。
ストレス発散をして、水分を十分に摂る。
そして、筋肉をもみほぐしてケイレンしにくい体にすることです。

寝る前にマッサージすれば、凝りがほぐれて効果があります。
お風呂上りで寝る前のマッサージを日課にするとすぐに眠れて
朝までぐっすり眠れます。

マッサージの後はぬるま湯をコップ一杯飲むと寝つきが良くなります。

こむら返りが起きやすい方は、体の自己チックをしてみてください。
・何か無理なことをしていないか?
・不摂生なことをしていないか?
・身体に異常なところがないかどうか?

自己チックで何も見つからない場合で頻繁に起きて、痛みが激しい場合は
内科や整形外科で診てもらいましょう。


また、足が冷えやすい方はふくらはぎを温めるレッグウォーマーも
効果があります。

お風呂に入るときに、まずふくらはぎを温めて足湯にすると
効果的です。
湯船にお風呂椅子を入れてそこに腰かけるのです。
腰まで浸かりますが上半身はお湯に浸かっていないので
身体が楽でストレスがかかりません。
温まってきたら椅子をはずして肩まで浸かります。

烏の行水の方は特にお勧めの入り方です。
段階的に、ふくらはぎ、腰湯、肩まで浸かるから
足やふくらはぎが長く温められます。

マッサージすると冷え性の改善にもなりますので
こむら返りの予防と冷え性改善の効果があります。

 

ふくらはぎのマッサージにお勧めします。 ⇒ 楽天コスメ大賞 ≪ボディークリーム部門1位≫ 超温感マッサージクリーム